審美性に欠けるレジンや金属

差し歯や被せ物、詰め物などの治療を行う時、一般的な保険診療では審美性に欠けるレジンや金属しか選べません。

しかし自費診療ならば、他の様々な素材から選ぶ事が可能です。オールセラミックは陶器の性質を持つ素材で、自然な透明感から天然の歯と見分けがつかないのが特徴です。白さを調節できるので、周囲の歯の色と合わせやすく、様々な素材の中でも特に審美性に優れます。

しかし治療は自費診療となるため、1本の治療費が高額になるデメリットもあります。そこでおすすめなのが、激安価格で治療を受けられる審美歯科JDFです。東京・大阪・名古屋に医院を展開していて、埼玉から通院しても高額な審美歯科で治療を受けるより経済的な負担が少なくて済みます。

JDFのオールセラミック治療は、1本あたり47,000円と他の審美歯科と比べて安いだけでなく、技術料も一律価格に設定されています。1本あたりの差し歯や被せ物が安い審美歯科は多く存在しますが、1本につき何万も技術料を必要とする場合が多く、結果として治療費が高くなってしまうことが少なくありません。

JDFは治療前に無料カウンセリングを行っているので、スタッフに予算に関する相談もできます。そのたえ、治療内容や料金に納得してからオールセラミック治療をスタートできます。

[PR]
by nhzqbbp7qx | 2017-04-08 12:24 | 審美性